11月 282015
 

普通に電話予約ではなく、単純に、ネットでそのまま予約したほうが特典がアップする場合があるので、知らないと損かもしれません。

■頭髪が薄い高齢者の髪型

髪を短くすれば頭皮の色が目立ち、髪を必要以上に長くすればバーコードと呼ばれる、どうすればいいのか本人だけでなく周囲の人物にとっても悩ましい高齢者の髪型。

■あまり短くすると冬場はべつの危険性も

あたまは大事な部分ですのでとくに高齢者はニット帽などで朝晩の冷え込みから頭の血管を保護する必要があります。なので極端な短髪にするのは冬場は避けた方が無難なはずですね。

■前頭部(おでこ)方向から脱毛が進行する場合

てっぺんからはげてくるよりは、まだ頭頂部の毛量を増やすことで(毛を伸ばす)全体的に寂しかったおでこ周辺をカバーできることもあります
余りにのばしすぎると不自然なのですが、いわゆる雨が降ったときに当たる部分はできるだけ長めに残し、サイドだけスッキリさせた方が全体的にメリハリが利いて毛量が多く見える効果が望めると思います。

■頭頂部が薄い場合

いわゆるてっぺんはげが進行した場合は、その部分を隠せなくなることもあります。その場合は長い髪でカバーするよりは完全にすべて短髪にしてしまった方が見栄えがするケースが多いです。隠すという発想よりもバランスがとれた髪型をめざすことで他人からみてもすっきりしたんしょうにする事は可能だと思います。

そもそもお年寄りに対してはげているか
はげていないか、ことさらにしてくる人など皆無でしょう

気にしないのが一番楽に生活する方法です。
冬場はニット帽などで防寒対策をしましょう。

■全体的にはげてくる高齢者もいる(むしろそれが大多数)

死ぬまではげない一部の人をのぞいてたいていの人ははげとよばれる症状を経験してそして亡くなっていくケースが多いです。

あたりまえですが若かったときに持っていた機能をどんどん失っていくのが高齢者だからです。(頭もしっかりしていて博学な人はたくさんいますが)

全体的にはげてくる場合は何か病気ではないかと心配になる周囲の方も多いと思います。病的な脱毛というか。一気に進む脱毛は本人も周囲もショックが大きいです。

M字はげ、頭頂部はげ、ならまだ理解はしやすいのですが、急に頭髪が全体的にまんべんなくはげてくるのをみると悲しい気持ちに本人ならずともなってくるのです。。

何とかしてあげられないかと。原因があるならつきとめてあげたいと。

■はげ加速度が止まらない

はげは進行すればするほど加速度がついて、底なしだったりしますので、急行列車状態になった脱毛は終着点が見えません。

なんでこの人だけが

なんで自分が

と思ったときにはすでになんらかのスイッチが入ってしまっている状態だったりします。

こうなると何をやっても戻らないんじゃないかと当人ならずともあきらめムードになってしまいます。

なんとかしたい、でもなんともならない

いわゆる脱毛は毛根の老化、毛根の死なのですから多くの人にとっては避けられないのかもしれませんね。

■たんぱくしつ

髪や皮膚、身体だを作る元になっているのは主にタンパク質だと思います。

できることは結局そういったタンパク質が不足していないかどうかは真っ先に考えた方がいいです。

炭水化物だけを食べて豆類などタンパク質が不足していないか、あるいはちゃんとしたタンパク質を十分な量、質の良いものを摂取できているかチェックしてみられてはドウでしょうか。

幸い味噌や豆腐、醤油などこだわれる食材はたくさんあります。

食の面と運動面を見直すことで健康で生きられるようになりますので、むしろ髪のトラブルを身体全体のトラブルを改善するきっかけとすることが正しいと思います。

■考えることがストレスではげる?

どうすれば治るのか?と考える【脱毛ストレス自体がさらなる脱毛の原因】って話はどうもうさんくさくて、そんなこと実は対して脱毛の原因ではないと思うのですが、【髪にこだわったり対策しすぎることの弊害】のほうがむしろ大きいかもしれません。

たとえば

血流をよくしよう → 必要以上に頭をブラシでとんとんして血が出てかさぶたができる人もいるらしいです。

毛穴の脂分を絞り出して全部洗い流そう → 皮脂が乾燥して、皮膚が欠落してはがれてフケだらけ

○○を食べよう → 食べ物は効いているのか効いていないのかは不明だが、プラスの影響(増毛)は実感できず、脱毛はストップしない

百歩譲って

運動して体を健康にしよう、ぐらいじゃないでしょうか。脱毛を最低限度(個人差はあるがその人の持っている遺伝子的に)に押さえるには。

それぐらいに考えるのがちょうど良いかも。

■シャンプーもあまり脂を取りすぎない方がいいと思います

毛穴の汚れをとかあぶらっぽさを取り除くシャンプーがもてはやされていますが、もともと高齢者にはうるおいや油分は少ないほうかもしれません。

かさかさ、からからといった表現がふさわしい気がします。

ゴシゴシと必要以上に脂分を取り除くのはさらなる肌トラブル、髪トラブル、乾燥状態を招く結果になるケースもあるの高齢者の場合はむしろ不足しがちなうるおいを保護したり適宜補充するようなシャンプーの仕方の方が好ましいはずです。

若い頃とは毛穴の状態も皮膚の状態もふだんの生活(
汗をかくかどうか)も変化しますので、年齢に合わせてシャンプーの方法も変えた方がいいかもしれません。

洗髪後にさらにトリートメントをたっぷりする、というまるで女子高生やOLさんのように徹底的にするまでは必要ないですが、脂分を根こそぎシャンプーで洗い流すというやり方はちょっと考え物かもしれませんので、そこそこ、ほどほどのシャンプーにしておいた方がベターなはずです。

Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

    ■美容院 社会人女性の髪型 忙しい女性はセミロングが多い。セミロングこそが働く女性にふさわしい髪型だとすら思う。 理由…

    ■男性ビジネスマンの髪型 刈り上げこそ最強という時代だろうか?そういう時代もあった。皆刈り上げてさわやかでしょ?的な。 …

    ■はげ始める年齢 悲しいかな選ばれた者は、前からも後ろからもはげはやってきます。 まわりの人間も40歳を境に一気に衰える…

    ■白髪が目立ちにくいヘアスタイル 男性であればサイドを刈り込む(今はいわゆるスポーツ刈りのようなカリアゲでなくともおしゃ…

    レンジシ プレミア RENJISHI PREMIER FUKUOKA (中洲・住吉・春吉)おすすめの【スーパー若返りコ…

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス