10月 282015
 

普通に電話予約ではなく、単純に、ネットでそのまま予約したほうが特典がアップする場合があるので、知らないと損かもしれません。

■加齢臭や頭のにおいを緩和する方法

完全になくなることはないですが、年齢とともに体内から発するようになる加齢臭についてにおいを和らげる方法をまとめました。

物理的ににおいの元を洗い流してしまう

シャワー、シャンプーが一番効果がある方法です。

シャワー直後にいきなりにおっている人は少ないのではないでしょうか笑。

ジムや温泉などでシャワー、シャンプーをすることで日中の加齢臭は有る程度抑えることができるでしょう。

またデートや人に会う前には軽くシャワーだけでも浴びておくと失礼にはなりにくいはずです。

ちなみに足のにおいも古い角質が残っているとひどいにおいになりますので、きっちり軽石やタオルでゴシゴシ洗うなどして、角質を落としておいた方がよいと思います

とくにスポーツクラブの汗をかきっぱなしの靴や、雨天や汗で常に乾ききっていない蒸れたような靴を履いている人に悪臭がしている人が多いです。

本人は鼻が慣れてしまって気づいていないことが多いようです。

なんだか水虫のような

「生臭いモアっとしたにおい」

がします。

あるいは

「酸っぱいにおい」

がするのは靴の中で雑菌が繁殖しているせいなので蒸れない靴に買い変えるしかないと思います。

靴は完全に乾燥させた方が雑菌は少なくなりますので、毎日同じ靴をはくのではなく少なくとも2足くらいを交換しながら履き替えるほうが長持ちもします。

しかしどうしても足のにおいが消えないことがあります。

水虫などのせいか、足の角質がはがれていたり、自分では不快なにおいに気づいていても、水虫の完治まで時間がかかったり、どうにもならない場合もあるからです

一時的なものですが、足用の制汗材(一般の制汗材を足用に使用すると自分で決めておく)を作ればある程度においも汗も不快にならない範囲で収まっているように自分では感じました。

またできれば寝るときに布団から足を出すことで、水虫を減らしたり、乾燥させることで足のにおいトラブルは減るかもです(冬場は寒いので布団から足を出すのは
ムリですが)

においの元が出ても雑菌でにおいに変わらないようにする

制汗材を使用することである程度汗くさいのは防ぐことができる面もあります

しかしこれは加齢臭とは少し違います

制汗材には香料が含まれていることもあるので、加齢臭を中和(紛らわせる)点は、よいです。

汗くさいのも加齢臭と同じくらい気になるものですので、脇だけではなくて、胸や背中、肩など汗をかくことで雑菌が繁殖しそうなところに塗っておく(スプレーしておく)としばらくは汗のにおいは防げることが多いです。

よほど大量の汗が出ない限りは、汗に関してはそれで半日~1日くらいは抑える働きは持続することが多いでしょう。

頭のにおいには洗い流さないトリートメント、加齢臭には香水もよい

トリートメントというのはこれまではシャンプーの後に髪をまとまりやすくするために使用していました。

シャンプーの後につけて洗い流すトリートメントが多かったのですが、最近は好きなタイミングで日中でも後付け出来る「洗い流さないトリートメント」が増えてきました。従来のトリートメントは、次の朝までにおいが持続しないことが多かったのですが、後付けできる「洗い流さない」タイプのトリートメントのほうが気になったときににおいをケアしやすいのです。

おじさんがあまり女子高生のようなティーンズっぽい香り(たとえばピーチやストロベリーのようなにおい)を頭から発しているのは「うーん・・・」と思いますので、比較的柑橘系(レモン、オレンジ、グレープフルーツ)などの場合は男女問わずに使用しやすいです。

一時期頭のにおいが気になっていたのですが、この「洗い流さないトリートメント」
を使用するようになってからは適度に頭のにおいをケアできるようになりました。(おそらく完全にはなくなっていないのでしょうが、仕事帰りにあまり周りに迷惑にならないように、できるだけ使用するようにしています)おそらくつけない場合と比較するとかなり異なると思います。体感的には8割くらいはカバーできているのではないでしょうか?(測定できないので具体的にはわかりませんが、不安な気持ちは少し減りました)

香水はどうしてもつけすぎている人にも不快感を感じるため、あまり使用したくないと言う方もいるでしょう。香水は適量フることがとても難しいのです。ついつい多めにでてしまうこともざらです(メーカーに改善を希望します)。ほんの1、2滴でも十分だったりしますが、ドばっと出てしまったり、スプレーだったりして微調整がキかないないのです。

そういう人は自作でかまわないので、みかんの皮やレモンの皮(柑橘系ならたいていいけると思います)で化粧液のようなものを作ってみるといいかもしれません。
ほんのり香るのでつけすぎてもそれほど不快感はないと思います。

においもよいですしそれほどコストもかかりませんね。

頭の毛穴の皮脂は除去すべきか

頭の皮脂(脂分)をごっそり除去するようなシャンプーも増えてきたようですが、どうすればよいかは人によると思います。

薄毛で悩んでいる人はあまり極端に脂をとりすぎない方がよいきもしますが、まずは試してみて自分に合うか合わないか決めればよいかもです(周囲で脂をとろうとろう
とした結果なのか、薄毛が進行しているようにみえる人がいます。最初は脂をとることで「毛がピンと立つようになった」といって調子がよかったようですが、年齢が行っている人はただでさえ脂分が体に少なかったりする場合もあるのでむしろ脂をクリームなどで補給して保湿した方がいいんじゃないかという意見もあるようです。現在は薄毛が進行したためか、脂を必要以上に取り除かないシャンプーに変えていました)

これも剛毛の人や髪に不安にない人もいると思うので人それぞれ体質や体調、または予算にあったものを使用すればいいと思います(高価なシャンプーも最近はありますが、しばらく使ってみて自分の髪に合うかどうかだと思います)

Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス