10月 282015
 

普通に電話予約ではなく、単純に、ネットでそのまま予約したほうが特典がアップする場合があるので、知らないと損かもしれません。

■白髪が目立ちにくいヘアスタイル

男性であればサイドを刈り込む(今はいわゆるスポーツ刈りのようなカリアゲでなくともおしゃれなツーブロックヘアも流行しいています)

ツーブロックヘアというのは長めに髪を残した頭の上部と、短めに刈り込んだサイドの短髪とで2つのブロック(長さ)にはっっきりわかれるような髪型のことです。

以前は虎刈りとか、坊ちゃん刈りなどともいわれましたがワールドカップでネイマール選手が活躍したり、ツーブロックヘアが人気になり、ビジネスマンでも取り入れる人が増えました。

またマンガの中で「進撃の巨人」の登場人物がツーブロックヘアだったりするのも多少影響があるようです(リヴァイという主要キャラクター。人類最強という設定の人物です)

白髪が多い場所による

サイドに白髪が多い人(目立ってきた人)
頭頂部に多い人とでは対策が異なるのかもしれませんが、サイドであれば刈り込めば相対的にみえる量は減ります。

ちょうどビジネスマンは刈り上げれば刈り上げるほどお客さんの反応がいいということもあり、刈り上げてしまった方がメリットが大きいかもしれません。

いずれにしてもあまり年齢のいった人で長髪にしている方は少ないでしょう。

しかし頭頂部の白髪が多い場合は染めるくらいしかないのかも知れません(気にしなければいいのですが気になる場合は)。

その場合も
・自宅でカラーリング
・美容院でカラーリング
・散髪屋(いわゆる町の床屋)で白髪染め
の3パターンがあります。

自宅でカラーリングは手軽なのですが、染料が髪を傷めるケースもあり(安価なのと関係しているのでしょうか)人によっては髪や肌トラブルにつながる場合もあります。どちらかというと髪や肌に自信のある方は自宅でトライしても髪や肌の方が強くて復活するでしょう。

そうでない方は美容院で白髪染めをした方が、トータルでのダメージは少なくて住む場合があります、相談しながら染料も選ぶことができますし、ヘナ(自分はあまりい向いてないと言うか染まりませんでしたが)など自然由来の染料を使う美容院を探すこともできます。

ただ費用は3000~5000円程度とちょっとお高いですね。自分で洗面所や服を汚すことを考えればプロにお願いした方が安上がりという見方も可能でしょうか。

散髪屋(床屋)でやったような白髪染めはどこかヅラっぽく感じるのは自分だけでしょうか?よく言えばうまく染まっている、そうでない見方をすれば地毛なのに全部不自然なほど黒で一色で塗り直された色に変わるためちょっとかつらのような質感に仕上がっているようにみえます。

均等に白を黒に染めるわけですから、ある程度仕方ないのでしょうが、白髪だから黒に染めるというのはあまり若い人にはおすすめしません。軽くカラー(薄い茶色など)のほうがまだ自然です。

おっちゃんぽい仕上がりでもよければ床屋さんでもかまわないと思います。

スポーツ刈りやカリアゲは床屋さんが上手なので、カットだけお願いして後は自宅で白髪染めというのもありでしょう。

床屋さんで髭を剃るのが楽しみな人もいるはずです。(子どもの頃はよく通いました)

女性の場合

普通にカラーリングのスタイルが現在は比較的高齢の方でも自然な世の中になっていると思います。

メニューとしては、カラー兼白髪染めなのですが、自然派の染料(ヘナ等)、ダメージの少ない染料(比較的高価)、ダメージはあまりケアしない染料など、染め方を自分で選択できる美容院を探せばよいと思います。

男性と比較すると、女性は髪の毛1本1本が長いので、白髪が1本あるだけで目立ちやすいのは仕方ないと思います。

数本で有れば目立ちにくい長さに自分ではさみでカットしておけばある程度目立ちにくくなります(短すぎて根本から立ち居あがるような長さにはしないでぎりぎり髪が寝るくらいの長さに白髪だけカットします)

Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス