10月 082015
 

普通に電話予約ではなく、単純に、ネットでそのまま予約したほうが特典がアップする場合があるので、知らないと損かもしれません。

美容院の選び方
自分の体験談をまとめました。よかったら参考にしてみてください。
1

流行の髪形にしたいか、それとも自分の希望の髪形にしたいか

・現在流行している髪形
・自分の希望する髪形

この2つ髪型は似ているようで異なるケースが多いです。2つのうちどちらをオーダー(美容師さんに注文)するかによって選ぶ美容院は変わってくるかもしれません。

ティーンズ(10代)や若い方であれば「現在流行している髪形」に憧れを強く持っていて、一度流行の髪形にトライしてみたい場合もあるでしょう。

しかし、自分が一番似合う髪形をすでに(ほぼ経験上つかんで知っている)方は「自分の希望する髪形」を再現して(ときにはさらにプラスアルファしてアレンジしてくれる)美容師さんが必要だったりするはずです。

自分の場合は「流行」ではなく「自分の希望の髪型がすでにある」状態だったのでそういう注文をしていました。

くせ毛、ボリューム、色調整など

髪質やボリュームは年齢や個人ごとに異なる場合が多いです。
とくにボリューム、髪質は全体に与える印象が大きく変わってくる要素です。

また、髪質、ボリュームは一定ではなりませんので、年齢を重ねるごとにヘアスタイルも微調整していく必要があるかもしれません。たとえば、白髪の分量によって色調整を希望する人もいるでしょう。

・出来る髪形
・したい髪型

の2つは異なるケースもあります。それを同じようにカットしたらどうなるでしょう?似合わないか、どこかボリュームが不足している変な髪形になる可能性が高いです。

できる髪形
したい髪型

の間をうまくくみ取って、上手にアレンジしてくれる美容師さんが腕のある美容師さんといえるのではないでしょうか?ボリュームの多い人用の若い世代に向いた髪型を、ボリュームがすこし減ってきた人にしてもすこし違和感があります。
その個人後との髪質の違いを初回で気づける(知識、経験を持っている)美容師さんは、ベテランではなくてもお客さんに対応してきたこれまでの経験が物を言うと思います。下手な美容師さんは個人ごとの違いが分からず(髪質やボリュームの違いを無視して)、誰に対しても同じような切り方をして、そして失敗した髪形を作りやすくなります、

「初めて訪れた美容院は失敗だった」
「初めて担当してもらった美容師さんで気に入らない髪形になった」

というのは大抵このお客さんの髪質を無視した美容師さんによる失敗例です。
美容師さんですから基本的な技術は持っていますが(たまにすごい年齢の高い美容師さんやいわゆる散髪屋さんは、最近のカット技術が不足しているケースもあります)お客産ごとの違いをほとんど考慮できない経験の浅い美容師さんは、お客さんごとの髪質の違いにうまく対応できない場合が多いです。

美容師さんもですが、美容院の雰囲気も大事

雑誌やインターネットで最近はお店の雰囲気をある程度つかめるもので、必ずしも美容師さんのテクニックを計る物差しにはなりませんが、お店の雰囲気は見るべきかもしれません。

ちぐはぐなレイアウトや落ち着かない雰囲気がどこかにあるとしたら、肝心なヘアカットの技術もどこか変な仕上がりになる可能性があるからです。

また美容師さんと会話を(最初のうちは希望を伝えるためにも)する場合が多いですが、オーダー(注文内容)や世間話がかみ合わない美容師さんだと疲れるからです。

お店の雰囲気は簡単に写真からでもチェックできますのですこし拡大するなどして見ておくことをお勧めします。

親子で済ませたいのであれば子供も出来るか

キッズスペース(子供の待機場所)がある美容院は子供を遊ばせて置いたり、一時的に預けることが出来るので便利かもしれません。美容院によっては、テレビや雑誌コーナーが子供用に特別に用意されていることもあるでしょう。

またキッズスペースといった待合場所がお店になくても、キッズ対応可能というところは子供の散髪も可能になっています。

お店の雰囲気によっては、あまりにも幼い子供は受け付けていないような美容院もあるので、事前に確認しておきましょう。キッズスペースがあるところは大抵それをセールスポイントにしているので調べれば分かります。

予約、待ち時間など

美容院では待ち時間も気になります。そのお店の看板美容師さん、人気美容師さんであれば、予約を入れておかないとその時間に対応してもらえないケースもあります。多くのお客さんを掛け持ちして担当(時には同一時間帯に)しているからです。

しかし予約さえしておけば、大抵その時間通りに(いくら忙しい担当であっても)対応してくれますので、まずは予約しておけば大丈夫だと思います。

逆に予約もできない美容院だとどれくらい待ち時間があるのか不安なだけだと思います。(その日の混雑具合やお客さんのサービス内容(パーマやカラーなどじかんがかかるサービス)によって大きく左右されるようだと困るからです)

まずは予約を入れるようにしましょう。空席がなかったり待ち時間が長い日なら、その日は予約を断ってくれるような美容院のほうが長期的には信用できるケースが多いです。

カラー液

カラー(髪に色を付着して髪染めを行う方法)をするのであれば、数日~1週間たっても風呂上りにタオルにカラー液が付着することがあります。

その場合は美容院で取り扱っているカラー液の質があまりよくなかったり、が自分には合わないことが原因であるケースが多いです。

カラー液を変えてもらうか美容院を変えるのも手です。
またどれくらいの期間、カラー液がタオルに残ってしまうのか、事前説明をうけておくのもいいかもしれません。(これは明らかにデメリットなので教えてくれるかどうかは微妙ですが。。)

美容院や美容師さんを気に入っていれば相談すればいいですし、そうでなければ他の新しいお店をこの機会に探してみてもいいかもしれません。

腰痛など体にほかに不調がある場合

腰などに持病がある方もおられると思います。
その場合はシャンプーの際に大きく背骨を反らせる様なイスは苦手だったりします。

理由は腰に負担がかかってしまうから、シャンプーのたびに反るような動作をしたくないものです。

その場合はエステが併設されているサロンだと、完全に体を預けて寝転べるようなイス(ベッドに近い)が置いてあるケースがあります。このイスは腰にとってもとても楽です。エステのサービスもサービス内容にあるサロンだとこういった体に負担が少ないイスも置いてあるケースが多いです。

マッサージをするようなイスなので、腰に負担が少ないのです。

年配の方や体に不調、不安がある方はシャンプー台にエステ用のマッサージチェアを使っているお店を検討して見られてもいいかもしれません。

体調があまりよくない場合はシャンプーだけの利用も

体調が悪すぎてシャンプーを出来ない方もいらっしゃるかもしれません。シャンプーだけでも対応してくれる美容院もあるので問い合わせて見られてもいいでしょう。

カゼなど人にうつしてしまう場合、症状を除いては、たとえば骨折で腕を自由に動かせない場合、年齢的に毎回ではないにしても人にシャンプーをお願いしたい場合もあるからです。

体が動かせない場合に美容院のシャンプーをお願いするのは便利なはずです。
ワンポイントとしては、料金は都会の美容師さんより田舎の美容院のほうが安いケースも多いです。シャンプーだけなら普段行く美容院ではなくても、近くて田舎?の美容院でもよいかもしれません。

Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

    2

    美容院の選び方 これまで自分が通ってみてよかった美容院、そうではない美容院の体験をまとめてみました。よろしければ美容院選…

    22

    ■ 美容師さんは飽和状態か? 30代、40代で雇われて美容師をやっている人は少ない印象 美容師さんで店長ではなく雇われな…

    ■美容院 社会人女性の髪型 忙しい女性はセミロングが多い。セミロングこそが働く女性にふさわしい髪型だとすら思う。 理由…

    ヘアー ブランシェ 光明台店 HAIR Branche(泉ヶ丘・和泉中央)明るく頼れるSTAFFが魅力のサロン。毎週水…

    ヘアー ブランシェ 光明台店 HAIR Branche(泉ヶ丘・和泉中央)明るく頼れるSTAFFが魅力のサロン。毎週水…

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス