9月 272010
 

普通に電話予約ではなく、単純に、ネットでそのまま予約したほうが特典がアップする場合があるので、知らないと損かもしれません。

■ 美容師さんは飽和状態か?

30代、40代で雇われて美容師をやっている人は少ない印象

美容師さんで店長ではなく雇われながら30代、40代で仕事をされている方は余り見かけないかもしれません。

理由は立ち仕事などが他の仕事と比較して体力的にしんどい面もあるでしょうが、経営面で考えるとなかなか他の業界と同じように、30代、40代では若い人相手の仕事はだんだん話が合わなくなったり、流行にあわせにくくなる面もアルカラかもしれません。

30代、40代の美容師さんは独立する人が多い

30代、40代になる前に技術的にも、金銭的にもたくわえて、その後独立される美容師さんも多いかもしれません。

雇われることが難しければ、自分で独立することも一つの手のはずですね。

お客さんもその美容師さんの移動に伴って移動することが多いですので、長年の蓄積が有効なことも多いかもしれません。

中心部では出店、閉店、値下げ競争が起こりやすくなる面も

各都道府県とも人気エリアには多くの美容院が同じようなサービスで同じような価格帯で、同じようなターゲットに向けたお店を出している傾向があります。

若い人が集まるエリアにはそれだけの需要があるのですが、周囲の商業施設の開店、閉店にともなって、美容院へやってくる若者?の増減があったりします。

また新しくできた美容院が大幅な値下げ、低価格のサービスを提供し始めると、そちらへお客さんが集中しがちになり、結果、既存の美容院の売り上げは減っていく面もあるかもしれません。

美容院は閉店していくお店も結構ある

どんな商売でもそうですが、長く続けるには固定費を以下に抑えるかが重要かもしれません。ところが美容院はお客さんがぜロであったとしても、スタッフのの固定費やそのた経費は変化しませんので、当たり前ですが、お客さんが減るほど困ることになります。

若い美容師のほうが人気がある?

また若い人に人気あるお店にするためには30~40台の美容師さんよりはできるだけ若い魅力ある美容師さんに人気が集中しやすい面もあるかもしれません。

30代、40代の美容師さんは技術力では上なのですが、イメージではどうしても流行に敏感な世代は、同じ世代の美容師さんが流行をうまくつかんでいるケースも多いです。

Sorry, the comment form is closed at this time.

関連記事はこちら

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス