もくじ

1月 292014
 

こんな感じでいろいろアリ溝を作った方法をまとめました。
IMG_1930_R
こちらは丸っこいタイプ、自作でガイドも作りました。
IMG_1833_R

IMG_1832_R

IMG_1830_R

IMG_1828_R

IMG_1827_R

1

IMG_1839_R

IMG_1840_R

IMG_1838_R
IMG_1928_R
ちょっとずれましたが次やればほぼ成功するこつをつかみました。
IMG_1926_R

IMG_1922_R
こちらは扇形です。ルーターのビットでこういう形の刃があるのでこれは比較的楽にできたほうかもしれません(ガイドの作り方もまとめていきますね)
IMG_1917_R

IMG_1873_R

IMG_1872_R

書籍を探してもあまり方法が書いていなかったので「アリ溝加工」や「アリ溝加工のJIG()を自作する方法」について試行錯誤してやっとできるようになった方法をまとめてみました(まあそれほどでもないですが笑)

一般的にルーター()を遣う人の中でも難しいと言われているJIG作成、アリ溝加工についてできるだけ初心者さんでも簡単にしていただけるように写真を交えながら解説してみました。

方法さえわかってしまえば2度目からはほとんど意識せずともアリ溝を掘ることができましたので、結論から言うと最初だけ難しく感じるけどやってみればそれほどでもなかったという感じかもしれません。

アリ溝加工完成品

ジャーン(苦笑)

IMG_1873_R

IMG_1872_R
こんな扇形どうやって彫るんだ?という方もおられるかもしれませんが

ルーターとガイドさえ用意できれば比較的普通の手順でできましたよ。

どうですかこの直角&ぴったり感、最初2,3回は失敗したのですが、微調整をすればなかなか上出来にできました。

あとは接着剤でもつけておけば(接着剤等つけたくない方もおられると思うのでお好みで笑)完成ですね。

ルーターの先端に取り付けるビットの形状を変えればこんなかわいく?アレンジもできますね。

ちょっとずれましたけどそこは今後研究していくらでも修正できると言うことで笑

基本はこんな感じです。

アリ溝加工材料

まず料理の前には材料紹介と言うことで。。
 
材料も

安定した作業台(いつもお勧めしているこの作業台、自己ベストでした  ■ ⇒ 使いやすかった作業台

万力(固定用バイス) 大き目のものが2~4個程度あれば、段取りよく材料加工に安心して取り掛かれるはずです。精度にも関係してくる部分ですので、ここは十分に対策した方がベターかもしれませんね。。

ルータ(トリマ)とくに製品ごとの違いは自分にはよくわかりませんが、そこそこ製品でもアリ溝加工の場合OKかもしれません。ルーターの刃(ビット)はアリ溝の形で選択します。

・アルミ板一枚 これは安いものですので失敗を恐れず何度かトライすればできるはずですね。

・木材 杉など材料の加工割れがおこりやすい素材よりは、ホワイトウッドなどでかつ強化された木材を使用したほうが成功の確率は高まるかもしれません。

ガイドを作りたくない、作るのは時間の都合で近道したい場合は。。

といった感じでそんなに材料費がかかると言うわけでもなかったので、市販のルーターガイド(テンプレート)を買うのはちょっと、、という場合には試して見られる勝ちはあるかもしれません。

無理だ、、、という方は市販のルーターガイドを使用すれば同じようなことを再現することは普通にできるはずです。

■ ⇒ 市販のルーターガイド テンプレート 製品仕様 

アリ溝完成品

このとおりケーキか何かの模様のようにがっちりかみ合っています。

IMG_1872_R

IMG_1849_R

IMG_1848_R

IMG_1967_R

IMG_1970_R

IMG_1942_R

IMG_1873_R

アリ溝を作る手順

アリ溝の作り方の手順をさらっとイラストにまとめました。(あとでまた詳しい記事をアップしますね)

12_R

まずピッチにあわせて合わせ目を少しずらします(直角に固定します)

一緒に2枚の板を削ります。

13_R

このとき直角を作ることが大事ですね。

15_R

すると組み合わさる2枚の板が出来上がり、という寸法です。
14_R
詳しくはまた次回で!

関連記事はこちら


もくじ



もくじ


1

 ⇒ 目次を見る