もくじ

5月 112015
 

1

トリマーを使用して溝を掘っています。

2
この溝で子供の成長に合わせて座面の高さを調整します。

3

段を変える目的と強度を出す2つの目的でねじを使用します。

不完全な状態での使用でケガをすることを防止したいために

こどもが触りにくい構造の六角ねじを使用しています

(ねじの頭が六角のドライバーでないと緩まないようになっています)

4
一枚の板を削りだして背面のカーブを作りました。

その削りだしの後、不要になるあまった木材は脚部の支柱に転化しました。

5
取り外し可能な踏み台を取り付けました。

取り外し可能なので成長に合わせて使用できると思います。
5-2
後ろ脚は固定、前脚は変動式です。

溝をスライドする形で移動します。

6

乗っても大丈夫なように丈夫に作りました。
7
5ミリ程度隙間を作って板を並べました(そりなど木部の経年変化の緩和のつもりです)

4段階に調節できます。

8
イスは脚立として使われることも想定して、設置面を四角で固めて安定度をアップしています。

9
背もたれも削りだしてカーブをつけました。細かなことをやりだすときりがないのですが、時間の余裕との兼ね合いで、やるべきかどうか判断して作業を絞っていくといいと思います。

101113
座面を取り外した状態

心配であればL字の金型を入れて強度を出してもいいかもしれません。

ダボなどでねじ穴塞ぎをしています。(かけられる時間との兼ね合いでいいと思います)

14
座面はかるく丸みを持たせています。

ニスには天然のもの(オスモカラー)を使用しました。
何度か試し塗りの後、重ねぬリします。
1516171819202122

同じ種類の木材ではない場合は、ニスの吸収度によって若干色の差が出ます。(味といえば味です)

後は天気のよい日を選んで自然乾燥で完成です。

図面は後日アップしますね。

関連記事はこちら


もくじ



もくじ


1

 ⇒ 目次を見る