食事割引クーポン美容院安い安宿

11月 182013
 

楽天kobogloのメリット

・本棚や引越しのときに荷物がかさばらない(運送料もダンボール2~5箱ですめばいいがそれでも5000円くらいかかるケースがある)
・1ヶ月に10冊買う人なら120冊分の本棚が必要にならない。
・本体は200グラム程度。
・コミックスを全巻そろえる人なら10冊買えば本棚がそれで埋まってしまうが、そういうこともない。
・楽天ポイントを使えるので楽天で買い物を普段からする人はそのポイントを使って本を読める。
・インターネットでブラウザに表示させたブログの記事やHP(もちろん変なサイトではなく、普通に普段読んでいるお気に入りのブロガーさんの記事などを読むことが出来ました)を楽天kobogloで読むことが出来ました。(ブルーライトが出ているスマホやパソコンのLED液晶で読む場合と比較して、目の負担が軽減されている気がします)
・電子書籍のほかにもPDFも読むことが出来ました。(すこし専門的になりますが、普段は楽天EPUBという形式で電子書籍が出版されています)
・追加でメモリを増やして(電気屋さんで500円くらいでした)収容できる電子書籍数を増やすことが出来ました。


電子書籍リーダー(楽天kobo)を買わない(いらない)代替の方法、選択肢



・図書館で本を借りる(人気本は希少だったり、すぐ読めなかったり、置いてない本もある)
・アマゾンキンドル、ソニーリーダなどの電子書籍リーダーを使う。(楽天クーポンがなくなる更なる値引きは期待できない、またソニーリーダーには電子書籍が現時点では比較的少ない分野もあるようだった)
・アマゾン岐阜とポイントでアマゾンキンドルの本を買うことも出来る。(ただし楽天クーポンがないので、さらなる値引きはそれほど期待できない)
・iphone,android,ipadでも無料アプリをダウンロードすれば、楽天の電子書籍を読むことは可能(スマホ端末はLEDでバックライトが常時点灯しているため、ぎらつきで目が疲れる場合があり、自分の場合は長時間の読書はしんどいと感じました。その点楽天kobogloであればバックライトを消すことも出来ますし、E-inkという省電力かつ目が疲れにくい仕組みを採用しているので2,3時間読書していても疲れないように感じました)
・パソコンで電子書籍を読むことが可能(honto.jp,amazonの一部の本、楽天の電子書籍の一部の本はパソコンへ無料アプリをインストールすることで読むことが可能です。ただ大画面液晶とパソコンの2つに電源を入れておくと電気代が比較的かかりますし、パソコンの画面は長時間見るのには読書にはしんどいかなと自分は感じました。また楽天kobogloのように寝転がって手に持ちながら読むということはパソコンには出来ないメリットかもしれません)
・そもそも楽天kobogloはカラー原稿に対応していませんのでカラーの写真を読むのは増えてです(白黒で表示されます)この場合も、パソコンでも同じ購入済みの電子書籍は確認することが出来ます(この場合追加料金はなく無料です)パソコンやスマホで同じ購入済みのものを読むことも可能ですので、カラー原稿もチェックすることが可能ですね。

電子書籍や電子書籍リーダーを買わないで済ます方法


・紙の本を本屋やネット本屋さんで購入する(紙の本の場合、配達まで1日~1週間かかりますし、荷物受け取り、お金支払い、包装開封、ダンボール等をゴミだしと付随する作業や作業時間が実は多いです。1冊買うのにためらっていたのですが楽天koboでは最短1分後くらいには読みたい本を読み始めることが出来ました。この差は大きいはずです。楽天kobo1分。配達、本屋、図書館は1日~1週間の待ち時間。包装や出てくる処理。お金支払いや振込みの手間)
・電子書籍を買わずに図書館で借りればお金の節約が出来ます(10冊くらい貸し出ししている本屋もありますが、重いです。それだけで土日のお出かけが重さで制限されてしまうケースもありました。手元に必要ない本や一回読めばことたりそうな小説類は図書館で借りればいいと思いますが、これも人気作品やよい本ほど貸し出し中のケースがあり、予約件数30件とか半年、1年まちの本とかもありそこまで待つのは自分的にはありえないなあと思いました。その間は読みたくない2番目に読みたい本を借りて読むことになると思います)
・電子書籍を買わないで済ます方法は、ありますが電子書籍を使って得られるメリットと比べると若干少なめかなといえるかもしれません。(お金の節約の分便利さはすこし減少してしまうケースも多いです)
・通勤時に3冊以上本を持ち歩くことは大変(本好きの自分は3冊くらいは、カバンに入れていたのですが、しかも帰りに追加で本を買うと6冊とかになって正直カバンを持つのが大変でした。女性なら本6冊が入るカバンを普段は持ち歩いていないケースも多いはずです。楽天kobogloなら何冊買っても本の重さは変わりませんし、たしか200グラムちょっとですね。自分は常に片手でもてるくらいの重さなので片手で持って読んでます)
・高齢者の方など本の小さな文字を読むことが難しくなる年代の方も電子書籍を使用すれば文字を自分の好みで変更できます(それでも小さい場合は物理的にルーペや読書拡大鏡などを併用すればいいかも知れません)




関連記事はこちら

関連記事はこちら

13

 ⇒ スマホ、インターネット会社料金まとめ
食事割引クーポン美容院安宿



食事クーポン美容院ホテルネイルマッサージエクステ早朝美容院着付けまつ毛美容室



222a1

 ⇒ コンビ二ATM取扱手数料無料 0円!

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス