食事割引クーポン美容院安い安宿

9月 252015
 

別れを決意している恋人の前兆行動

■自分のことを話すことをしなくなる

プライベートな予定や今後の話をしなくなります。
これから別れようと思っている相手と深く今後の予定や今好きな趣味の話をしたくなくなるのは当然かもしれませんね。


■忙しい事を強調する

遠まわしに会う時間が無い口実を作ろうと思っているケースもあるかもしれません。
この場合は別れの理由として忙しい事ももってくる可能性が高いかもしれません。


■自分のことを連想させるようなものを恋人の部屋に増やさないようになる

これは別れた後に、恋人がそれを見るたびに悲しい気持ちになることを気遣ったり、単純に自分がもう一度恋人に行く必要が無いかもしれないので、自分のものを少しずつ減らしていこうと言う計画の可能性もあるかもしれません。


■メールやLINEの返事が減っていく

毎回見られていたような愛情表現の言葉や、相手の近況に対して”生返事”たいして興味が無いけれどお世辞でほめているようなよそよそしい感じがダイレクトに伝わってくるかも知れません。
これもあなたの行動にはあまり異興味が今はなくなっている可能性があり、子供をいたわるようにすこしおだてて貴方の機嫌をとっている可能性もあるかもしれません。

■会った場合も貴方の駄目なところを指摘する

今までなら可愛いとかかっこいいとかそういった何をしてもプラスの表現が帰ってきていた相手から、突然だめな点、駄目だしが増えてくるかもしれません。
相手が別れる理由を自分の中で固めて行っている(増やしていって事故合理化しようとしている)可能性が高いです。

■上記のような場合にリカバリーする方法はあるか?

別れる理由が100個ある場合に、この100個を否定していく事はかなり困難かもしれません。
また、100個を否定する言葉を聞かされる相手の立場にもなってあげてくださいという感じです(笑)
それはおそらく100個の理由は本質的なことではない可能性があります。
もっといいにくい別の何かが理由で別れたい可能セがあります。
その理由は普段貴方へ恋人がアドバイスを送っていた事はありませんか?

・簡単に出来そうなAということを繰り返し貴方にアドバイスしていた。
・しかし貴方は冗談や軽いアドバイスのように処理して、真剣に改善行動をとらなかった。
・そのため彼女は自分の理想を諦めて、だんだん貴方と距離をとることを決意した

というかもしれません

特に男女関係には金銭の問題も少しかかわってくるケースが多いです。
金銭問題と無関係で開始した男女恋愛も本質的には経済的な安定(扶養する力)の問題は避ける事ができないかもしれません。
まず別れの問題が持ち上がった場合には恋人を不安にさせないような安定感ある自分になること目指して、その行動に着手するほうが先決かもしれません。

たとえ恋人の機嫌をとって、リカバリーできたとしても
本質的な価値が低いままで長続きさせる事は困難なはずだからです。

自分を磨きましょう
そしていまよりも経済的に自立する事を目指して見られる事も一つのあなたの問題解決の方法かもしれません。

■貴方の条件が高い場合

あっさり別れを決意できるほど貴方の条件が高い場合には、別れを決意するのも一つの方法でしょう。
しかし分かれるにしても最後にもうひと頑張りしてから別れたい場合には、たとえば

100個のマイナス < 2,3個のプラス要素

になるようなプラス要素を2,3個持参して提案してみる事もだめもとでやってみてもいいかもしれません。
これは付き合いが長いカップルでも仲直りの時にしている事のはずです。

■相手が思わず耳をかたむけたくなるような話は何か?

・本質的に貴方との生活がレベルアップするような話(たとえば大金が手に入った、良い仕事が見つかったなどの話は思わず引き込まれそうです)

逆に現状と変わらないのに、もう一度帰ってきてほしいと言うのは少し都合が良すぎる提案かもしれませんね。

女性が貴方を好きになることが計算なのか、感性なのかにもよりますが、計算の場合も多いかもしれません。

■ふられても、復縁する事になってもあなたの本質的な価値が高まるような準備期間にしてほしい

ふられた原因を考える、そのことは心情的にはマイナスの作業かもしれませんが、あなたの本質的な価値、外見上の価値を高めるために必要な作業と言えるかもしれません。

現在貴方があいてにとって魅力的ではない理由はもしかしたら別の女性にとっても当然受け入れる事が出来ない要素が貴方にも少しはあるかもしれないからです。

その要素を残しておく事は今後あなたが男女関係だけではなくて、あらゆる別の人間関係を円滑に生活するうえで障害になってしまうケースが多いかもしれません。

現在の恋人とはもしかしたらこれで2度と会うことは出来なくなってしまったかもしれません、しかししつこくして相手を傷つけたり、傷つける事はなくても、あなたが実害(たとえば相手が被害を訴えた場合に責任を問われるような事態)は避ける必要があるはずです。

貴方もそこまでして相手にこだわる事はしたくないでしょう。

この冷却期間が貴方を成長させることが多いかもしれません。今までの恋愛を振り返ってみて、無駄な恋愛が無かったように、終わり方を自分で決める事はもしかしたら難しいかもしれない、でも自分を変化させる事は自分に西か出来ないですし、逆に相手(恋人がいなくなっても)できることかもしれません。

今出来る事は相手のいるなしにかかわらず、自分でできることを淡々とやっていくことで心も落ち着いてきますし、又次の恋愛準備もできていくものかもしれませんね。

最後から2番目の恋というドラマがありました。

その恋愛が現在何番目かは後から振り返ってみるまでは分かりません。

そして何歳であっても恋を出来た自分は、きっとほめてもいいのかもしれません。

まずはがんばった自分を肯定

自分を否定して、改善点を淡々と改善し続ける事

それでいいのではないでしょうか。

今出来る事は自分を改善する事。それが自分がさわる(TOUCHできる)ことができる確かなもののはずです。

関連記事はこちら

関連記事はこちら

13

 ⇒ スマホ、インターネット会社料金まとめ
食事割引クーポン美容院安宿



食事クーポン美容院ホテルネイルマッサージエクステ早朝美容院着付けまつ毛美容室



222a1

 ⇒ コンビ二ATM取扱手数料無料 0円!

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス