食事割引クーポン美容院安い安宿

9月 122016
 

子供を作ることは最優先すべきことかどうか


付き合いを続けているパートナーと話し合った結果、

子供は嫌いだから
もう年齢的に無理だから
年齢的に危険を伴うから
自然にできれば育てようと思っている。
もしできたらそれも運命
持病があるので生むことが難しい

などさまざまな考え方があるかもしれません。

好きだから付き合いが始まったパートナー、

パートナーに対して一緒に子育てをしたいと思うことが自然に思える人と、そうでない人がいるかもしれません。

・幼少期、子供時代とあまり幸福な経験がない場合

・金銭的に子育てをすることに現時点では十分なたくわえがない(将来的には分かりませんが現時点では不安要素が大きく感じている)

・親からあまりよくない印象を受け取って自分が良い親になれる自信がない。

このような場合はもしかしたら子育てに肯定的になれなくて、なおかつ子供が嫌いという人もいるはずです。

子供は赤子ならまだしも、すこし大きくなった子供は無条件では可愛くないという考え方も人もいるかも知れません。


■子猫でも可愛いだけではない

子猫を育てた方なら分かるかもしれませんが

夜中寝られませんw

なぜ寝られないかというと猫は夜行性で、夜でもさびしくなる度、おなかが減る度に母猫を求めて、ずっと泣いているからです。

この状態で寝られる人はおそらくいないはずです。

人間の子育ても一時期はこのようなものかもしれません。

夜中の3時でも4時でもでも赤ん坊は自分のペースで排泄をします。

排泄をすると気持ちが悪いので、おしめを変えるまでは赤ん坊は泣き続けます。

仕事をしている親も多いと思いますので、ここでまず大変なはずです。


■子供を無条件で愛せることが大事なのか?

あるいは

子育ては24時間営業だからとてもじゃないけど自分の子供以外は無理。

と自分の子供だったら可愛いけれど、ほかの人の子供までは可愛いとは思えないという人もいます。


確かに人間として子孫を残すことは大事かもしれません。

それは人間のDNAとしても刻まれている行為なので、それを守ることが何かいいことのように思えるかもしれません。

本当にその価値観だけでしか生きれないのでしょうか?

もしその可能性を失ったとき、人間には生きている価値はないのでしょうか?


■子育てを選ばない夫婦も実はいる、または養子というのも昔からありました

子育てを選ばない若い夫婦もいますし、

養子として子供を迎え入れて、その子が成人になるまで育てる夫婦もいます。


自分達が子供を授かることはできなかったかもしれません、
しかし養子として一人の子供の成長を支えることも選択肢として選択することは可能なはずです。

■夫婦2人が一緒に暮らしていくこと、それはすばらしいことかもしれない


縁があって出会い、同じ道を歩み始め、一生その道を一緒に歩いていく、

そんなパートナーが見つかること、それも十分生きて生きた意味、喜びを感じられることかもしれません。

もし子供ができればそれは神様の与えた運命、

前向きに子育てをすればいいかもしれません。

子供ができなかった、それもまた運命、その後の人生はまた違う喜びを見つけるためのきっかけにしていけばいいはずですね。

夫婦は長い会話である。

会話さえできればどのようなこともきっと乗り越えていけるかもしれません。

関連記事はこちら

関連記事はこちら

13

 ⇒ スマホ、インターネット会社料金まとめ
食事割引クーポン美容院安宿



食事クーポン美容院ホテルネイルマッサージエクステ早朝美容院着付けまつ毛美容室



222a1

 ⇒ コンビ二ATM取扱手数料無料 0円!

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス