食事割引クーポン美容院安い安宿

11月 072015
 

■腕時計をプレゼントされて思ったこと

「どうせなら買う前に一緒に選ばせてほしい」
「せめてこれとこれとこれと選択肢を与えてほしかった」
「結局一度もしていない腕時計がある(恥ずかしくて)」
「黙いて驚かすサプライズプレゼントもインパクトはあるのかもしれないが、贈った後の満足度合いも大事と思う」

「まとまったお金が必要なのだから、なおさら時計選びには慎重にしてほしい。。。」

など腕時計に関してはあまりよい思い出がない。

多少はセンスと違ってもいいのですが、それでももっと安くでも自分の好みに合うモノがあったのに。。と考えてしまう。

たいてい自分のセンスとは異なっている
しかも「かなりのずれ」を感じることが多いです。

若者に還暦祝いのような金ぴか縁の黒い皮バンドの時計を贈られても、付けていく場所がないです。

就職活動にすら使えそうにない。

理由を考えると贈る人のセンスが自分とは世代が違ったり、そもそも値段にはこだわっていても(値段がイコール性能ではないのですが)、あまり「使い心地」「TPO」までは考えてくれていないようだからです。

また時計などは頻繁にシーズンごとに買い換えるものではないですので、買ってくれた人が選びなれていないこともあるのかもしれません。

自分自身のことをセンスがないと思っている人は少ない


「そもそもどんな時計が自分がほしいかすら、日常生活でコミュニケーションできていない関係」

ということが浮き彫りになっただけの気もしました。

常日頃、普段好みや流行について会話にならない関係と言うことですね。会話不足というか無骨な人間というか。。

しかし、相手にしてみれば語弊はありますが、

「ちょっといい贈り物をした」

くらいには思っているはずです。しかしそこがずれていることもあったのです。

それでも黙ってありがとうとは誰だって言うでしょう。しかしその後の満足度は相談してくれた場合の10分の1くらいと思います。あるいは使われない腕時計は腕時計としては価値がないと思います(記念として保管はしていますが)

女性が気に入らない(自分の好みと180度異なる)アクセサリーをもらってそれでも毎日付けるでしょうか?

きっとそれはしないと思います。

リング(指輪)を買うときに

「適当に選んで買っておいて」

という女性はいないと思います。恋人と一緒に店内を隅から隅まで行き来して、それでも見つからなくて、インターネットで検索して、、と真剣に選ぶはずです。

腕時計もアクセサリーに近いです。気に入らなければ誰だって「あえて付けたくない」のです。腕時計を付けることで

・ださくなったり
・センスを周囲からバカにされたり
・もっと言えばその結果恋人ができなかったり
・就職活動に不向きだったり

マイナスが大きいなら、腕時計なしの素手のほうがましなのです。(スマホにも時計機能がついています)

たしかに

「好意でいただいたプレゼントです、だから付けているのです」

と説明して回ればある程度「周囲の同意」は得られるかもしれません。しかしそんな言い訳のようなことはいちいちしたくないでしょう。

腕時計はおしゃれのためにするものです。実用的であると同時におしゃれかどうかは結構重要ではずせないポイントであることを贈る人はすこしだけ意識すると失敗する確率が減ると思います。

なかなか

「予算3万円で気に入ったウデドケイを選んでください」

とは言いにくいケースもあるでしょう。

しかしそれならカタログからせめて選ばせてほしいのです。好みを押しつけられるのは迷惑まではいきませんが、

「この人のプレゼントは今後はいらないわ・・・でもお返しやお礼はしなければならないのだよな」

と思われているかもしれませんよ。

プレゼントの問題は「コミュニケーション不足」が原因のこともあります。

「いらないわ、こんなウデドケイ」

「ダサい、コノ腕時計」

「こっちのほうが安いし、かっこいい」

という言葉もプレゼントを選んでいる最中であれば冷静に聞くことができるはずです。

ところがプレゼントを贈った後に(陰で)言われているとしたらどうでしょう。

腹立たしい気持ちと同時に、悲しい気持ちになりませんか?

同じ費用を出してあげるのであれば、「費用対効果」が最大限発揮されるプレゼントを選ぼうじゃないですか。

相手にも最大のメリット

こちらにも(もしかしたら費用も安く上がる)メリット

の2つがあるはずです。
そっちの方が得ですね。

もしも逆に「費用が増えそう」な場合には、
いくらまでなら補助をしてあげるから、
後は自分の貯金をプラスして買ったらどうかなと
持ちかけてみるのも手でしょう。

半額負担でも記念と言えば記念なのです。

あるいは単純に

「ほしい腕時計はないですか?プレゼントをしたいと考えているのですが・・・」

と単刀直入に伝えてみてもいいと思います。

時間は一ヶ月くらい前に行っておけば、その期間も楽しみながら腕時計を探してくれるでしょう。

そうしてあなたがその腕時計を贈ってあげたとき、相手の期待は頂点まで膨らみ、満足度もほぼ100%に近くなるはずですね。(すくなくとも引き出しに置きっぱなしで使用されないことはないでしょう)

まれにインターネットで写真だけを見て注文した場合にイメージと違ったり、付けてみるとそれほどではない場合もあるでしょう。しかしそれは仕方ないし防ぎようがありません。(せいぜい信用できそうなクチコミやレビュー評判をチェックするくらいしかできません)

予算を伝えるか伝えないかは関係しだいですが、伝える場合には大体の予算を教えてあげればいいと思います。

もしかしたら普段変えなかった「ゲーム買って」という別のプレゼントに目先が変わってしまうかもしれませんが、それはそのとき一緒にまた考えればいいと思います。

プレゼントはコミュニケーションです。
腕時計を買うとき、コミュニケーション、やりとりは100回以上に及ぶこともあります。

それをあなたの想像だけで補うことは不可能に近いです。

「どんな腕時計がほしいの?」

「友達や学校ではみんなどんな腕時計をしていますか?」

「会社ではどんな腕時計がいいだろうね」

「最近の流行や若者の好みには、自分は疎(うと)くて・・・」

と一言でもいいので本人に聞きましょう。そこに喜ばれるプレゼントの要素がすべて詰まっています。

関連記事はこちら

関連記事はこちら

13

 ⇒ スマホ、インターネット会社料金まとめ
食事割引クーポン美容院安宿



食事クーポン美容院ホテルネイルマッサージエクステ早朝美容院着付けまつ毛美容室



222a1

 ⇒ コンビ二ATM取扱手数料無料 0円!

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス