食事割引クーポン美容院安い安宿

9月 032010
 

■筋肉の疲労回復を高めるために筋トレ休憩日にやったほうがよいこと

体が疲れている日はあまりトレーニングが効果的ではなかったのでこれからは思い切って完全に休憩日にすることは前回書きました。(がりがりががんばっても怪我が増えるばかりで、その分余計に振り出しに戻るような期間が増えるばかりだった経験からですw)

休憩中はストレッチ(今肩甲骨周りの大きな部分を鍛えたいので肩から上へ腕を上げるようなストレッチを中心、足回りは難しいそうだったり、チューブトレーニングで若干いためてしまったので、足回りは後回しにしますw、パーツごとに鍛えていく予定。予定については前述なので省略します)

筋肉に限らず老廃物を排出するには水分を補給して汗や小水(小便)として体外に出してしまうのがいいといわれている。

では筋トレ時にでる「乳酸(疲れのもの、疲労を感じる成分)はどのようにすれば消えてくれるのだろう。

体が重かったりだるいのは寝る以外のもできれば積極的に解消したいのだが何を取り入れれば早めに筋力をつけつつ、回復できるのだろう。

まズ乳酸から、疲れたくないので早めに回復できそうな方法を調べてみた。

クエン酸とかがいいのかな?

と思って調べたら、本当かどうか知らないが、乳酸がクエン酸で分解されるという説もあるらしかった、理屈があまりわからない部分だが(なんとか酸とか栄養学とか勉強的なのは苦手だ。アバウトにこれとこれは大体分量これくらいとわかっているほうが、実践しやすいし、あまり普段気を遣わないですむ、がりがり君といえども他にやることは多いのでw)

クエン酸は確か梅干のほか、果物に含まれていたっけ、粉末で販売していることもあるようだ、クエン酸は以前調べたらさつまいも由来の成分から粉末を取り出している(さつまいもを発酵させてからクエン酸を取り出している、発酵という過程を経るようなので、クエン酸を摂取したい場合、ふかし芋の状態では不十分な気がしました)ので、さつまいもや芋系にも含まれているのかな。

クエン酸含有食品をしらべてみよう。

あまり今までの食生活を変えたくないので(面倒だし、量的に食べられないものとか嫌なのでw)今ある食べ物の中でクエン酸の多い食べ物の量をちょっと工夫して増やす程度にとどめたい。

クエン酸を含有しているらしい食べ物

レモン(これはいい、これにしようと思う、水にも溶けやすく摂取が容易だろう)やかんきつ類

梅干しや梅

お酢(黒酢とかいろいろあるな)

つまりすっぱい物にクエン酸が含まれている食品は多いようだ。

理由は何だろう?面倒だから今回は省略します。


調べた結果、すっぱいものをとるようにした結果は3日後に記事にします。




関連記事はこちら

関連記事はこちら

13

 ⇒ スマホ、インターネット会社料金まとめ
食事割引クーポン美容院安宿



食事クーポン美容院ホテルネイルマッサージエクステ早朝美容院着付けまつ毛美容室



222a1

 ⇒ コンビ二ATM取扱手数料無料 0円!

じゃらん Web サービス Supported by 楽天ウェブサービス